とゆふものは。

何者でもない、だから需要もない、アラフォー女の想いを綴ります。

あれは多分毒祖母だったのだ

ネットで調べてみるともっと酷い目に遭った人が沢山いて、私の話なんて本当に大した話じゃないのだけど、自分がすっきりするために書く。

大学生の頃、一緒に暮らしていた祖母が「軽い」毒だった。
そんな祖母に育てられた母も多分に過保護なところはあるけれどそれはまた別の話で、祖母よりはかなりましだと思う。

以下思い出すままに。

生理日を管理

小中学生じゃなく大学生である。
正直知られたくないし、居間のカレンダーに赤丸つけるのやめてほしかった。

レシートを漁られる

何気なく捨てたレシートをわざわざ拾って見られてた。どこで何をしてたのか何を買ったのか聞いてくれれば答えるのに、コソコソされて気持ち悪かった。
おかげでレシートはビリビリに破いて捨てるクセがついた。

行動を親に報告される

上のように行動を探られた挙句、今日は〇〇に行ったみたいで××時に帰ってきた、とか〇〇を××円で買ってきたみたい、とか毎日親に報告された。監視社会か。

病院で先生に勝手に説明

来なくていい、と言っても診察室までついてきて先生に病状を説明。
あんたは話が拙いから、と。
実際そうだとしてももう大学生なのでどうか一人で行かせてください。

休日くらい家にいろ

平日は出かけるんだから休日くらい家にいて家族と過ごせ。
平日は遊びじゃなくて学校なんですけど。休日はバイトしたり友人や恋人と遊ぶの禁止って無理ありませんかね。
ちなみに門限はなくてそれだけは良かった。

それ以外にも男の人がいて心配だからサークルは入るなだの、騙されるかもしれないからバイトは近所の知り合いのところでやれだの、飲み会は危ないからズボンで参加して酒は飲むなだの、事あるごとにネガティブなことばかり言い、議論しようとしても「子どもが生意気言って」と一蹴され、母に説明しても「孫に対する扱いなんてそんなものよ」と軽くあしらわれ、本当に本当に心が削られた。
大学や友人に直接連絡したり実力行使するような実害がない口だけの「軽い」毒なんだけど、当時は家に帰るのが嫌で嫌で仕方なかった。

そのあとも色々言われたけれど、もうほとんどスルーしてた。
それでも傷ついて心に残っている言葉をいくつか。

大学なんて行っても意味ない

就職が決まって報告したときの一言。
大学の学部とは全く関係ない分野の会社だった。大学で習ったことを生かして就職する人もいるだろうけどそうじゃない人も大勢いる。
親戚がやってる自営業に就職すればよかったのにとも言われた。
自分の子や私より上の孫たちには大卒がいなかったから、よく分からないけどとりあえず何か言いたくて口にしたと思われる。

学費・免許取得費用は親に返せ

親に出してもらったのならこれから働いて返さないとだめよ、と言われる。
自分の子には言ったことないのに私に言う意味が分からないし、親と私の間の話なので祖母は関係ないと思った。もちろん親は返せなんて言わなかったけれど。

給料はいくらか聞かれる

社会人になったあとの言葉。
そんなこと知ってどうする。何度も聞かれるのでもう最後は聞こえないふりしてた。

私が大人しいタイプの孫だからか他の孫には言わないのにもいらいらした。
でも分かりやすい口答えなどの反応をしない=何とも思ってない=何言ってもいいではないのだよね。

こう羅列すると、私を自分の目の届く範囲に置いて自分が理解できることだけをさせておきたかったのだと思う。
心配だから、という言葉は私のためではなく自分が安心したいだけ。
若い頃に失敗したとしても後から見たらよい経験、プラスにしかならないのにな、と思う。
祖母の中では私は幼稚園児か小学生かくらいの扱いだったんだろう。あとは自分の娘(=母)が可愛いから大人になっていく孫を娘の手の内に残してあげたい、と思ったのかもしれない。
孫の人生はどうでもいいんかい、としか思えないけれど。

祖母との関わりで唯一得られたメリットは私の選択に口出しさせないくらい自立する、と大学生のときに心に決められたことだ。
結局社会に出て自活していない状態では
「親に経済的に依存している小娘(これは事実)の、偏狭な価値観は正しくない(これはケースバイケース。今思い返しても祖母が間違っていたところもあると思う)」
と言う先入観を覆す術がなかったから。

そのおかげだけではないし胸を張れるほど立派な大人ではないけれど、今は自分の稼ぎで生活して、人生のイベントもやりたいことも行きたいところも自由に決め、好きなものを買えるようになった。
私は生き方が下手で未だに悩むことも多いし、折に触れ祖母に言われたことを思い出すのだから今もしこりとして残っているのだろうけど、その度に理不尽な過干渉をする人がいないだけで幸せだとつくづく思う。

亡くなったとき、思ったより悲しくなくてびっくりした。子どもの時は可愛がってもらったのに、自分はなんて薄情な孫だと思ったけれど、それだけ心の中に鬱屈とした想いを抱えていたのだと気付いた。
私が本当の「子ども」だった時代には保てていたバランスが、大人に近づいて自我を持ち出したら崩れてしまったのが一番悲しかった。

当時は毒親という言葉はなかったけれど、今更ながらにあれは毒祖母だったのだと思う。
本当に気持ちのままに書き殴ってしまった。
もう昔の話と思うからこうやって書くことで昇華できるといいな・・・