とゆふものは。

何者でもない、だから需要もない、アラフォー女の想いを綴ります。

ブログはいいよなぁ

一世を風靡したブログ、今はもう下火とは言わないまでも昔に比べると書く人も減ったのかな。

その昔Facebookをやっていたのだけど、あれ実名じゃないですか。
自分はならない!と思っていたのに、普段隠している自己顕示欲が少しだけ顔を出して、
『海外旅行行ってきました!』とか
『誕生日祝いしてもらいました!』とか
『おしゃれスポット行ってきました!(〇〇にチェックイン)』とか
つい人生楽しんでますアピールを書いちゃって。
でもただのしがない会社員、当然キラキラした日常だけではないわけで。

あと、家族、地元の友達、上京してからの友達、上司や先輩含む会社の人と色々な人と繋がっていくにつれ、この投稿私の外向けキャラじゃなかったわ、この人達には見せたくないなー、人によって見せない設定あるのね?え、毎回?やるの?
はい、もう段々億劫になるよ・・・ね。
差し障りないことしか書かなくなるよね。
ビジネス、人脈作りも兼ねる人はむしろ自分プレゼンとして書くべきだし、上手く使えば良い効果を生み出せるツールなんだろうけども。

ちなみにInstagramは情報収集用にアカウント持ってますが、Facebook以上のキラキラでくらくら、見てるだけでお腹いっぱい。
年のせいかもしれないけど。

個人的には数多あるSNSの中でブログがちょうどいい温度感で居心地もいい。

  • 匿名
  • 文章だけで投稿できる
  • くだらない呟きから実生活では言えない重い話も書ける
  • たまにはキラキラしてもよい
  • たまには熱く語ってもよい

ああ、こんな場が紙の日記帳以外にあっただろうか。いや、ない。
しみじみと、ブログはいいよなぁ。

BUCKET LISTが埋まらない

表題の通りなのだけど残りの人生でやりたいことを書き出してみたら、まあ埋まらない。100までいかない。
できる限り細分化するんだ!と何とか増やして、結果95まで積み上げたリストの内訳を恥を忍んで。

  • 海外・国内旅行(42)
  • 読書(20)
  • ライフプラン(8)
     資産運用とか住宅購入とか
  • 資格取得(8)
  • アクティビティ(5)
     未経験のやりたいこと!
  • 健康・美容(4)
     小綺麗なおばさま、おばあさまになるために
  • 仕事(3)
     成し遂げたいこと、出世とかではなく
  • 欲しいもの(3)
  • 家族(2)
     両親にしてあげたいこと、夫とは別枠

・・・私はいったいどれだけ旅に出たいのかっていうね。
上位の読書なんて読まねば!と思ってるただの積読だしなあ。つまらない人生よ。
もう少しアクティビティを増やしたいし、我ながらアンバランスすぎるなーと思うわけなので、それが分かっただけでも改善の余地ありでまあよしとする。

ちなみにこちらのアプリを使ったのだけど、

‎「人生で叶える夢リスト「MY BUCKET LIST 100」」をApp Storeで

最初に生年月日を入れるため、あなたの健康寿命は残り『3〇年〇ヶ月〇日〇時間〇分〇秒』と、さらに秒コンマ単位で出るのです。
こうしている間にも時間は流れていく。
お、恐ろしい。

#鎌倉殿ロス

大河ドラマは年によって観たり観なかったり、でも1年欠かさず観たのは去年の『鎌倉殿の13人』が初めてでした。
毎週日曜日は用事があっても必ず20時までには帰宅、しかも放映中は集中し過ぎてスマホに一度も触らず、というくらいのハマりよう。

どの登場人物も描写を積み重ねて最終的には史実に沿った結果になるんだけど、あ、この人ならこういう事やるわ、言いそう、本当にこういう人だったんじゃないの?ってなる説得力があった。
意図せずすれ違った結果だったりして脚本も巧みで。
ある言動の裏にはその人なりの正義や信念があり、勝者か敗者かは必ず決まってしまうけど、勝者が必ずしも正しいとは限らないわけで。
現代日本を生きる一般人だって大して変わらないよなーと。
武士の世じゃないから敗者であっても死なないというだけで。

全員愛すべき登場人物だったけど(源仲章だけは愛せなかったけどヒールとしては最高)、戦や誅殺や時には病気で途中退場してしまうのでやはり最初から最後まで魅せてくれた主演の小栗旬が一番素晴らしかったな。
GTOのイジメられっ子が花沢類になってルパンになったりもしてましたが、いつの間にやら凄い役者に。
これでまだ40歳なんだからこれからできる役の幅も広いし楽しみ。

昨日から新しい大河が始まって改めて本当に終わっちゃったんだなーと。
こ、これがロスってやつか・・・!ってなってるところです。

ぐちぐち書く

ただの愚痴なので読みたくない場合は読み飛ばし推奨。

年末年始は日常とは違うからいいのだけど日常とは違うから疲れたりもするわけで。

例1

ほぼ3年ぶりに両親と外食。久しぶりだし水入らずでどうぞ、ってわけで夫は来なかった。
ふいに母から夫のご飯は作ってきてあげたの?と聞かれ、
「自分で作るんじゃない?」
と言ったら両親ともども信じられない、みたいな顔をされた。

例2

年始に挨拶に行ったら義母が夫に洋服を用意してプレゼントしてくれた。
いつもはただありがたいと思うのだけど、何だか穿った見方をしてしまった。

え、妻は常に夫の食事を用意して着る物が古くなったら見越して買っておかないといけないの?
年収同等のフルタイム共働きで、家事はできる方がやる、自分のものは自分で買う、ついでに自分の親のことは自分でやる、で夫婦間では同意が取れているんだけどな。

他にも価値観を押し付けられる場面が多くて、あー疲れた。
私たちは晩婚なので親世代が結婚したときと40年くらいタイムラグがあって隔世の感ありすぎる。
いやもう時代の違いというよりも、こういう考え方もあるよって話しても理解してくれないのが親世代特有というかなんというか。
一度は確かにそうね、と言っていてもまた同じこと言われたりするからきちんと理解はできてないんだろうなあ。
フラットに考えて、仕事して親世代が考える妻の役割もこなしたら娘の方がキャパオーバーになるのは目に見えてるのに自分の両親すらそれを強いるのか、となんだか悲しくなってしまった。
あーそうかー妻は働かせて頂いてるのだから、それとは別に妻の役割は果たして当然なんでしたね。(棒読み)

でも本当のところ、母は何もしない父にちょっとうんざりしていて娘の身軽さに対して妬みみたいなものもあるんじゃないかなーと娘目線でそう思う。

もちろんその対価として専業主婦として私がいないと何もできないのよ、というところに自分の価値を見出してきたのも多分否定できない。
その結果だから仕方ないかもしれないけど、結局分業し過ぎると次世代にも負担が掛かり、だから良くないね、とちょっとずつ時代は変わってきたんじゃと思う。

これからも時代は進んで色々な面で平等になったり楽になったりしていくんだろうけど、その時に、 『私たちの世代の常識はこう!
こんな苦労をしたんだから次の世代も苦労しろ!』
じゃなくて、自分は恩恵を受けられなくても良い方向に進んでいるのであれば、
『私たちの世代はこうだったけど今はいい時代になったねー』
と言える年配者でありたい。

そんなことを思った年末年始でした。
あー疲れた。(2回目)
長期休暇は嬉しいけど、価値観が同じ夫と過ごす日常がやっぱり最高ですわ。

ある夫婦のお金の話

匿名だから書けるお金の話。
勉強不足ゆえ、特にためになる情報はないので悪しからず。

我が家のプロフィール

  • アラフォー夫婦
  • 子なし
  • フルタイム共働き
  • 保険未加入
  • 賃貸住まい

子なし

選択子なしというわけでもなく、晩婚で、かといって不妊治療するほどの情熱もなかったので自然な流れでこうなった。

共働き

やれる限りずっと共働きです。
まあ先は長いね!
とはいえ、働くこと自体は苦にならない、というか自分の稼ぎで生きることが当たり前になってしまって、そうじゃない生活は想像がつきません。

保険

入ってません。
結婚当初に色々調べて要らなくない?という結論になったものの、やはりいまいち分からなくて悩む。

賃貸住まい

購入すべきと思い込んでいたけど、誰に残すでもないし住むところを固定する意味もないし、都度状況は見つつもリタイア後に一括で中古マンションを買ってもいいか、に傾いてきている。

(補足①)貯蓄

老後必要と言われている額はすでに貯蓄済み。
上を見たらきりがないけど、現役時代はどこまで余裕がある生活するか?老後はどこまで自助でいけるか?によって決まるのかなー甘いかなー。

(補足②)年金

二人とも会社員なので国民年金+厚生年金受給者になる予定。
転職もしてるので退職金は期待せず、企業型DCと投資で代用。

(補足③)投資

積立NISAと投資信託のみ。まだ海のものとも山のものともというレベル。
投資の時代ということで他のものにも手を出したいけどおそるおそるでしかない。難しや。

(補足④)節税

私たちのような会社員だと企業型DCと積立NISA(or NISA)くらいしかやれることがない。
扶養控除にも引っ掛からないし、住宅ローンなし、保険未加入、医療費年10万いかない、だと他の控除もないしな(合ってる?)
ふるさと納税は返礼品にだいぶ楽しませてもらってますがこれは節税ではないもんね。

(補足⑤)副業

副業っていつの間にやらスタンダードですよね。
私もやりたい。でも何したらいいか分からない。分からない、ということすら自分からアピールして調べないとどうにもならん、と思いつつまだ思案中です。

FIREについて

正直憧れます。
が、不労所得に全振りするのって勇気が要りませんか。なんだかんだ労働して所得を得ねば!と思っている世代なんだよなー。
サイドFIREなら可能性あるかな。
あと10年くらい会社員やってから考えるか。

お金についての気持ち

健康なうちにやりたいことやって行きたいところに行きたい、でもあの世にお金は持っていけないので使いきれないほどのお金はいらない、ただ老後は周りに迷惑は掛けたくない。
シンプルな希望だけどバランスが難しい。
数年に一度は見直さないとダメだなこりゃ。

年明けなのに、いや今年はもう少し勉強しようと思っているので自分メモを兼ねて、年明けだからこそ書いてみました。
次はもうちょっと実用的な事を書きたいものだ。

穴があったら入りたい

コロナ禍が少し落ち着いて久しぶりに実家に帰ったとき、真夜中の時間帯に暴走族が近所を走り回ってうるさ過ぎて眠れなかった。

暴走族ってまだ生息してたんだ
いやびっくりしたよ。
なんだかんだ東京での生活が長くなってそういう存在がいること自体忘れてたよ。

そして同時に地元にいた若いころの『悪いことするのがカッコいい』という価値観を思い出してしまった。
中学生とか高校生の時ね、タバコとか不純異性交友とかそれこそ暴走族とかね、そういうのがカッコいいと思う年頃あるよね?(同世代の同意を求めたい)
とてもそんな勇気なかったので、横目ですごいなあと見てただけだったけどその分思春期の自己顕示欲が暴走して突飛な発言したり謎センスなファッションしたりおかしな方向に向かってたなあ。
そして大学生になっても少し引きずってたなあ。
恥ずかしいなあ。

あの頃のことを思い出すと穴があったら入りたい、そしてあの頃の私を覚えてる人の記憶を塗り潰したい、そんな気分です。

ワールドカップ盛り上がってまいりました

日本代表勝ちましたねー!いやー凄すぎた!

フランス大会からGS敗退とベスト16を繰り返してきたから法則通りなら今回はGS敗退かな・・・
ドイツとスペインが同じグループだし・・・
なんて今となっては失礼過ぎるけど、まさかのその強豪を下して1位通過するなんてキャプテン翼世界線かよ!(キャプテン翼でも勝ってないらしいですね)
この25年、同じことを繰り返して同じような壁に跳ね返されて同じ場所にいるだけ?むしろ後退してる?って大会前は思っていたけど、やっぱり少しずつ強くなっているんだなあ。
サッカーど素人ですが、今までの日本だったら逆転した後大抵守りきれずに点入れられて負けてたような。

もう今の若い選手たちを見るといい意味で欧州や南米のチームをリスペクトし過ぎてなくて良き、と思う。
彼らが物心ついた時には日本がW杯に出るのは当たり前だったし、海外で活躍する選手も増えたし、そういう環境の変化がメンタルにも作用して互角の戦いを生む後押しをしてるんだよ多分。

明日クロアチア戦がありますが、万が一ここで負けたとしても、もしかして生きてる間に日本の優勝を見届けることができるのかも、という未来が想像できただけで個人的には満足。
いや、勝ってほしいけどね。ベスト8やそれ以上の舞台に立つ日本代表が見たい。
日本ガンバレー!